崇菱会での技術指導

2013年07月21日 08:19

プレジデント範士「崇菱会での指導」

崇菱会での指導

面返し胴 誘って相手が来ると思ったら、遅れて竹刀を振り上げる面返し胴 両腕をクロスすることを意識する。両手の小指から入るイメージ面返し胴 打った状態をキープする。胴と竹刀に空間があること。竹刀が落ちない。打った瞬間の角度をキープ面返し胴 左の腰が逃げやすくなる。左の腰を入れる。捌きで打った瞬間左腰をパッと入れる。面々胴胴、面々胴胴 胴は必ず手元を下げて、剣先を上げる切り返しから、手元を上げて引き胴胴打ちの右足の踏込の大切さ。右足がすり足の大学生が多い。右足の踏込の音がするように。

防御・守りの理論

竹刀で受ける、距離で守る、方向で守る自分の気位が相手に乗る形を取る。こちらが制している状態を作る。出来るだけ前で鍔元を押さえる。相手の胴の真ん中に剣先をつける。左こぶしを正中線から外さない。間合いで見切って、手元を上げない。アッと思った時は左足を下げて手元を下げる。来るのがわかったらぐっと前に出る。先々の先について誤解しない。切っ先三寸が攻めになるが、守りの防波堤になる。攻防一体を作る。中段の構えが自然にできる。(講話)やり取りの中での守りをやってみます(1~5の稽古前の講話 2011年3月23日)乗るとは、気分的に覆いかぶさって、前でさばく。手元・胴の真ん中を押さえる。気分は上から攻めは下か

打ちだしの機会理論

そろそろ行かなければいけないかな?ダメ。起こりがわかってはダメ。いつ来るかがわからないように工夫する。

プレジデント範士お得意の振り下げ理論

振り下げは、落とす、力を抜く・・・・そこから表の面、裏の面・・・軌道はどちらも同じ…真直ぐ振り下げは実戦でも使える。特に面は、表も裏もあってよい。竹刀の重さを使って振り下げるとシャープに打てる。振り下げるときに、頭が相手に倒れる人が多い。逆に背伸びする気持ちで振り下げる。地ずりの面・・・相手の視界から剣先が見えなくなる。 途中で時間的気分的に溜めてもよい。出来るだけ竹刀は真直ぐおろす・・・回す人が多い・・・手で回しては意味がない。

構えた時の気分の持ち方

構えた時の気持ちは絶えず6:4で・・・いつも私の方が押さえていますよ!5分5分でやるんではない。構えも崩れ姿勢も崩れてはいけない。もう一つ気持ちが崩れない

竹刀の先を振る技術指導

意義手を柔らかく、右手の小指、薬指、中指で竹刀を振り上げて、左手のてのひらの10cmの空間を〆る右手の運用の良い例と悪い例竹刀の先を振りながら、相手の剣先を越えていく…また、竹刀の先を落として竹刀の先を振る右手の親指、人差し指、中指の力を抜く・・・手の内のさえ振り下ろす竹刀の位置・・・鼻まで振り下ろす

構え

礼式、竹刀の持ち方の意義 戦闘状態か否か立った時の面の持ち方、小手の面の中への入れ方帯刀から構え刀、理想的足構えの説明左手の握り、Vゾーンがへその前に、竹刀を刀として認識して刃筋を意識する。上から持つと真直ぐ振れる肘は、張らない曲げない、左手を〆る為に脇も〆る肩、胸について、胸元を広く、首を上げる、遠山の目付 気持ちを大きく、相手を上から見下ろす気持ちを大きく、構えも大きく気持ちを入れて仕上げをする。打たれるときもその気持ちで打たれる足使い・重心の掛け方の応用について・・15cmの前後する、、10cmの前後にする、5cmの前後にする・・0.5cmにする・・・0cmもありうる。・・剣先について、

遠間からの面

遠間からの面 竹刀を振り上げる位置遠間からの入り込み方法・・剣先を最後まで鍔元を攻めて・・肘を伸ばすのに親指を内側に入り込む面打ちも大きくゆっくり、大きく速く、小さく速く・・・下腹に力を入れて・・・自分で意識してチェックする遠間からの面打ち・・・上段から面と中段から大きく振りかぶって面の2種類・・・体の軸をブラさない・・・自分の最高の打ちを打つどんな距離から打っても物打ち(芯)で打つ。自分で物打ちで打つという意識を常に持って感覚を普段からつかむ。遠間からがいいチャンス。

一足一刀からの面

気争いをやって、間合いの攻防をやりながらそこから打つ出来るだけ同じ面を打たない入り方を変える。相手との関係の中で手順を変える。入り込んだときに気分が相手に乗っている。決断をして入り込むには勇気がいる。すぐ入り込む場合でも乗る。3秒待っても勝った状態を意識する

極近い間合いの面

竹刀の振りを覚えるためにごく近い間合いから鋭く面打ちを打ってみる1の稽古から出頭の応用に出来る。竹刀の振りを覚える。竹刀の先を振るイメージを作る。一本にならなくてもよいから、この稽古は竹刀の先を振ることをとにかく意識する。体がぶれないこと。物打ちで面をとらえること。体が出来るだけ自分の幅が相手の幅にぶつかっていくように。中段から打つ癖がついていないから、足が動く。位置について用意が別々になっている。中段ですぐ打てる体勢になること。全体的に打つ前に体が前かがみになりながら面を打っている。エンジンをふかして、サイドブレーキを引いた状態にして一気に出る。中段から面に当たるまでの、真ん中を軌道が通って
1 | 2 >>