五島の風

ニュース

大学での範士の技術編追加

2015年02月13日 19:23
技術編で、「鎬を使った稽古」「プレシャーを打ち破る一人稽古」「基本打ちでの心構え」「切り返しの指導」を追加しました

千里の道も一歩から・・・技術編一歩目スタート

2014年10月04日 18:05
2011年4月までの大学でのプレジデント範士の講話をプラスしてアップ大学、崇菱会での技術編をアッププレジデント範士の試合

崇菱会でのプレジデント範士講話62話をアップしました。

2014年03月23日 21:48
プレジデント範士の「崇菱会」での、2009年から2012年までの講話62話をアップしました。

プレジデント範士大学講話追加

2013年07月23日 17:34
プレジデント範士の2010年2月までの大学での講話をアップしました。

風のページを作成

2013年07月21日 12:02
風のページを作成 検索しやすいように各項目を作成。 内容動画はもうしばらくお待ち下さい。

五島の風 構想を実現へ

2013年07月15日 11:38
現在、「五島の風」構想を実現に向けて構想中です。過去の動画を整理して順次項目を分けてアップしていく予定です。 7年間の動

ウェブサイト開設

2013年07月15日 11:37
本日新しいウェブサイトを開設しました。  

タグ

リストは空です。

プレジデント範士大学での講話

このセクションは空白です。

大学での講話

人生観について

自立の勧め・・・人生観を大学4年間で確立する

気持ちと構え

気力と構えについて 地方の大学でも力は出せる可能性 範士拝受記念手拭「鞘中徳」馬場武典先生の意味 2009年 新年挨拶「全国に向けて発信していく年」 2009年 新年会挨拶 2009年 八段戦に向けて「私の最後の試合」の決意 面を取ったときこそ剣道の醍醐味。一番その人の人間らしさが出る 勝って打つ。打って勝たない。剣道の真髄は勝って打つことを意識する 挨拶をする時、印象に残る挨拶をする。インパクトがある挨拶をする 半歩間合いを詰めることは行くぞ!・・相手にとっても打てる距離に入る。行くぞと入るより、どうぞ、さあどうするか?で入る。 武士道シックスティーンを読むことの薦め

礼法

正座の仕方・礼の仕方 正座の時の呼吸方法の意識 正座の座り方、方と耳を揃える、鼻とへそを揃える 来訪者の先生方の防具運びについてのマナー。来訪者にはもう一回来たいという余韻を持ってもらう。 話の聞き方。話しは目で聞け。 正座の時の指の開きを戒める。5本の指まで気持ちをピッシと気配りをする。それが剣道の構えにつながる 出稽古での道場での仕来り、上座など感じること。自分の脱皮 合宿でのお礼の挨拶 木刀の正座の意思表示の意味

防具の装着方法・防具の片付け方

防具の意義・片付け方の意味 蝶結びの指導の仕方 垂と胴の装着の仕方 防具にムカデがいることがあるから装着には気をつける実際に防具を片付ける方法を指導

稽古の心構え

一番の権利と稽古後の先生への挨拶 稽古をうまいヘタ、強い弱い、先輩後輩は別として、同じ一生懸命でも違う 自分の中でよくなっていっている意識を持ちながら稽古をする習慣をつける 意識して色々な打ち方、違打ち方の面打ちを工夫する 基本的に試合と稽古は多少違う。だからこそ試合の厳しさを稽古の中に想定して取り入れる 学生時代の先生への懸かる気持ちを持て。自分の嫌な人、苦手の人と試合をする。師範を避けている。 上をやっつける力を持つように稽古をして上がっていく。間合いが近くなった時ビビらないこと 強くなるということ。自分の意識が変わらなかったら意味が無い。20分同じ面打ちをやっても意味が

試合の心構え 

試合の中での気持ちの持ちよう 試合では出来るだけ自分の気持ちを単純に一つにまとめる 結果はもうこの時点で決まっている。これからあたふたしてもしょうがない。自分の力を単純に出す。 2008年 筑波戦直後各選手へのアドバイス 2008年 筑波戦直前各選手へのアドバイス フェアープレイを目指す。反則なしで終える 基本はしっかり、試合の中では意外性がどう展開されるか 一年やった分だけ気持ちのまとまりが強くなる。持ちやすくなる 打たれることを怖がっている。負けることを嫌がっている。腹をくくって勝負に行っていない 最後に打つチャンスが多い方が、勝つ確立が高くなる。自分が打って終る

地元・恩師への感謝

2008年中西康先生追悼稽古会挨拶 五島での教えを思い返せば、構え以前のバックボーンを作ってもらった。プライドを持たせてもらった。 五島に帰って、小学生1年生から中学生まで防具の付け方が抜群。防具を付けることにこだわっている。正座が一糸乱れない。 恩師・両親に近況報告をしよう。剣縁が広がっていく 剣縁を知る。 暑中見舞いの近況報告の勧め。出来るだけ自分の近況を書いて、自分のオリジナル、味を出す。お盆で先祖のつながりを認識する。 自分の故郷に帰ったとき、高校や道場に行ってほしい。自分の先生に半年の成果を見せに行く。   moomom。。そういうそ 

強い選手について

打ちを決める時しっかり打っている。経験をいっぱい積んでインプットしている。 強い人は相手を入らせて打つ。入ってくるところで動揺しない。弱い人は入って打とう入って打とうと一方通行 2010年1月 世界選手権強化練習参加感想 来るながわからない。それぞれ個性がありそれぞれ違う。自分なりに変える。

審判について

打突部位をしっかり捕らえる

剣道形について

2010年6月6日から剣道形の稽古をスタートします。

大学での講話

人生観について

自立の勧め・・・人生観を大学4年間で確立する

気持ちと構え

気力と構えについて 地方の大学でも力は出せる可能性 範士拝受記念手拭「鞘中徳」馬場武典先生の意味 2009年 新年挨拶「全国に向けて発信していく年」 2009年 新年会挨拶 2009年 八段戦に向けて「私の最後の試合」の決意 面を取ったときこそ剣道の醍醐味。一番その人の人間らしさが出る 勝って打つ。打って勝たない。剣道の真髄は勝って打つことを意識する 挨拶をする時、印象に残る挨拶をする。インパクトがある挨拶をする 半歩間合いを詰めることは行くぞ!・・相手にとっても打てる距離に入る。行くぞと入るより、どうぞ、さあどうするか?で入る。 武士道シックスティーンを読むことの薦め

礼法

正座の仕方・礼の仕方 正座の時の呼吸方法の意識 正座の座り方、方と耳を揃える、鼻とへそを揃える 来訪者の先生方の防具運びについてのマナー。来訪者にはもう一回来たいという余韻を持ってもらう。 話の聞き方。話しは目で聞け。 正座の時の指の開きを戒める。5本の指まで気持ちをピッシと気配りをする。それが剣道の構えにつながる 出稽古での道場での仕来り、上座など感じること。自分の脱皮 合宿でのお礼の挨拶 木刀の正座の意思表示の意味

防具の装着方法・防具の片付け方

防具の意義・片付け方の意味 蝶結びの指導の仕方 垂と胴の装着の仕方 防具にムカデがいることがあるから装着には気をつける実際に防具を片付ける方法を指導

稽古の心構え

一番の権利と稽古後の先生への挨拶 稽古をうまいヘタ、強い弱い、先輩後輩は別として、同じ一生懸命でも違う 自分の中でよくなっていっている意識を持ちながら稽古をする習慣をつける 意識して色々な打ち方、違打ち方の面打ちを工夫する 基本的に試合と稽古は多少違う。だからこそ試合の厳しさを稽古の中に想定して取り入れる 学生時代の先生への懸かる気持ちを持て。自分の嫌な人、苦手の人と試合をする。師範を避けている。 上をやっつける力を持つように稽古をして上がっていく。間合いが近くなった時ビビらないこと 強くなるということ。自分の意識が変わらなかったら意味が無い。20分同じ面打ちをやっても意味が

試合の心構え 

試合の中での気持ちの持ちよう 試合では出来るだけ自分の気持ちを単純に一つにまとめる 結果はもうこの時点で決まっている。これからあたふたしてもしょうがない。自分の力を単純に出す。 2008年 筑波戦直後各選手へのアドバイス 2008年 筑波戦直前各選手へのアドバイス フェアープレイを目指す。反則なしで終える 基本はしっかり、試合の中では意外性がどう展開されるか 一年やった分だけ気持ちのまとまりが強くなる。持ちやすくなる 打たれることを怖がっている。負けることを嫌がっている。腹をくくって勝負に行っていない 最後に打つチャンスが多い方が、勝つ確立が高くなる。自分が打って終る

地元・恩師への感謝

2008年中西康先生追悼稽古会挨拶 五島での教えを思い返せば、構え以前のバックボーンを作ってもらった。プライドを持たせてもらった。 五島に帰って、小学生1年生から中学生まで防具の付け方が抜群。防具を付けることにこだわっている。正座が一糸乱れない。 恩師・両親に近況報告をしよう。剣縁が広がっていく 剣縁を知る。 暑中見舞いの近況報告の勧め。出来るだけ自分の近況を書いて、自分のオリジナル、味を出す。お盆で先祖のつながりを認識する。 自分の故郷に帰ったとき、高校や道場に行ってほしい。自分の先生に半年の成果を見せに行く。   moomom。。そういうそ 

強い選手について

打ちを決める時しっかり打っている。経験をいっぱい積んでインプットしている。 強い人は相手を入らせて打つ。入ってくるところで動揺しない。弱い人は入って打とう入って打とうと一方通行 2010年1月 世界選手権強化練習参加感想 来るながわからない。それぞれ個性がありそれぞれ違う。自分なりに変える。

審判について

打突部位をしっかり捕らえる

剣道形について

2010年6月6日から剣道形の稽古をスタートします。